2016年

12月

26日

お茶会にて小物入れのデコレーション☆

12月のお茶会では名取市の仮設住宅にてものづくりを実施しました。

 

お茶会に参加される住民の方から要望があったことをきっかけに、以前ボランティアにお越しいただいていました大阪教区交野組対策本部の皆様の知恵をお借りし、小物入れのデコレーションをさせていただきました。材料や作り方の説明書などの入った手作りキットをご送付いただき、お茶会に向けて準備を進めました。

 

当日は手作りキットを参考にして、スタッフが説明をしながらでのものづくりでしたが、女性の方だけでなく高齢の方や男性の方にも楽しんでいただけたようでした。交野組の皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。

 

お茶会に参加されるボランティアの方の回数も減り、似たような顔ぶれでのお茶会が続いておりましたので、気分転換を兼ねたものづくりになりました。

 

住民さん同士でお会いになられるお茶会を楽しみにされている方もおられますが、1時間半の時間の中で、おしゃべりをするだけでは退屈になってしまう方もおられるようです。

少しでも楽しい時間を過ごせるような工夫をしていけたらと思います。

 

現在もお茶会の中で催しをしてくださるボランティアの方を募集しております!

ものづくり・演奏・手品などなど、ご協力くださる方がおられましたら、当ボランティアセンターまでお問い合わせください。

お茶会の予定はお茶会カレンダーをご参照ください。

 

また、来年1月からは仮設住宅でのお茶会はすべて月1回の開催となり、名取市も仮設住宅からの移転が本格化していきます。仮設住宅の住民の方も少なくなっていきますので、集会所での集まりの時間を少しでも明るくなれると幸いです。

0 コメント

2016年

12月

22日

長野教区第34陣無事終了しました!

12月18日(日)~20日(火)にかけて宮城県内5か所の会場にて信州そば・信州りんご・ポップコーン・綿あめ等をお持ちして、交流会の活動に入られました。12月は例年寒い中(特に夕方の部)での活動となりますが、お天気にも恵まれて過ごしやすい中での活動となりました。長野のボランティアの皆様、お疲れ様でした。

今回の活動の中でも多くのことを感じ、考えさせていただきました。

今後、活動先の状況が多様化(移転されて新しい住居・地域に入られた方々や仮設住宅に残される方々がおられる会場などと)する中で「どのような活動を続けることがいいのか」という課題が生まれました。

仮設住宅は世帯数が徐々に減り不安を感じられる方もおられます。新しい住居に入ってもお隣さんの様子がわからず、孤独感を持たれる方もおられるそうです。今後「どのような活動が求められるのか」「どのように入るのがいいのか」などのことを考えながら活動に向かえればと思います。

信州そばを食べて、長野の方とふれあいながら「心地のいい」時間をお過ごしいただけますと幸いです。

0 コメント

2016年

12月

15日

平成28年12月支倉サロン ◇ 『冬のほっこりコンサート』       仙台フィルハーモニー管弦楽団有志による弦楽四重奏

演奏会のあとには、軽やかな明るい印象が残りますように… 

そう想いえがいて、

音楽の力による復興センター・東北さんが仙台フィルさんをコーディネート、

そして仙台フィルの演奏家の方々がプログラムを組んでくださった2016年冬のほっこりコンサート。

本当に素敵なプログラムでした☆

 

遊び心もありつつ、不思議と癒されて、

心の琴線にもふれてくる…

 

モーツァルトのまるみのある音楽や、ピチカート奏法、Whip、犬や猫の鳴き声などいろんな演出のある楽しいルロイ・アンダーソンの音楽に続いて、

このサロンコンサートの隠し玉・NHK大河ドラマ『真田丸』メインテーマが登場☆

 

オーケストラが演奏しているこの曲を、カルテットの4人が(いろんな楽器が奏でる)さまざまな細かい音を補い合い、オーケストラスケールにまで完成させてくる凄さ

(本当に驚きました☆ 演奏家さんもカルテットがとても奥深いものであることをお話しくださいました☆)

形勢が圧倒的に不利だとしても、「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と突き進んでゆく真田幸村の気迫と心意気を感じるようでもありました。このテーマ曲をカルテットで演奏することで、演奏家の方々はきっと、このメッセージを「音楽」で伝えたかったのでしょう。

 

『懐かしい唱歌のメドレー』では、みなさまは、心の中にある大切なものを見つめるかのように穏やかに、ときに涙を浮かべながら聴いていらっしゃいました。『花は咲く』は、まるでもう子供のころから知っているかのように思えるほど、いつの間にか東北にいる私たちの心の歌となっていました。

 

素晴らしくて、心満たされた気分です。感動です☆仙台フィルの有志の方々、そして音楽の力による復興センター・東北の伊藤み弥さん、本当に有難うございました。

今年も多くの方々のお陰により支倉サロンを開催させていただきましたこと心から感謝致します。また来年もみんなで集まることを楽しみに待っています。

◎モーツァルト◎

ディヴェルティメントK.137

 

◎ルロイ・アンダーソン◎

プリンク・プランク・プランク

ワルツィング・キャット

そりすべり

忘れられし夢

 

◎NHK大河ドラマより◎

『真田丸』メインテーマ

 

                      

                          ◎懐かしい唱歌のメドレー◎

                          ふるさとの四季

 

                          ◎どうぞご一緒に◎

                          花は咲く

 

0 コメント

2016年

12月

05日

カバー(cover)を作っていただきました☆

教化センターのサロン会場にて、布のカバーが必要になりました。

さあ、どうしよう、と思ったところ、岡田西町編み会縫い会のみなさまにお願いしてみようと、先月、生地とお菓子を持ってお伺いしてきました。

  

用意した生地は2種類。

グレー×ブルーのものと、ベージュ×ホワイトのストライプのもの。

そして。。。

おかげさまで12月に入ってからは、

こうしてサロンをお迎えさせていただくことが出来ました。

実は、台の下は物置状態 なので(>_<)  覆いたかったのです (^^;

 

お願いしたときのこと、

「やっと役に立てられる時が来た!」などと仰いながら引き受けてくださって、本当に有り難いことでした。大切にさせていただきます。

 

*****************

【岡田西町編み会縫い会】

本願寺派のご門徒様が多く入居されていたこちらの仮設住宅は今年5月に閉鎖。仮設住宅のなかにて結成されていたこの「編み会縫い会」の集いは現在、場所を移し、名称はそのまま、月に2度、制作におしゃべりにお集まりです。

当ボランティアセンターは、日頃、センターへ届く支援物資のなかよりお菓子の提供や生地の提供をさせていただいきながら、今でも編み会縫い会とつながっています。

 

*****************

 

0 コメント