2016年

3月

07日

平成28年3月支倉サロン ◇  東日本大震災・臨床美術プロジェクト『モザイクリズム』

脳機能を活性化させ、その方の持っている感性を引き出すアートプログラム。3月の支倉サロンでは、みなさまにアートを楽しんでいただきました。

企画は支えあいセンターあおばさん、ご講師は臨床美術士の菅原布美子さんです。

菅原先生からのレクチャーを見てそして聴いて、抽象的な作品に仕上げていきます。

 

聞こえてくるのは

BGMに流れるエンヤの歌声に音楽…

        みなさまはゆったりとした創造の世界にいます

 

 

 

このアートプログラムの効果は、「感性の目覚めや回復、心が解放されることはもちろん、生きる意欲や潜在能力を引き出すこと」。

アート(芸術)もまた、前進できる強さ(活力)をもたらします。 

菅原先生、支えあいセンターあおばさん、本日はご協力を賜りまして本当に有難うございました。

 

  芸術は悲しみと苦しみから生まれる。わたしは立ち止まりはしない。

                            ー パブロ・ピカソ ー