2015年

7月

31日

長野教区 信州そば第28陣無事に終了しました!

7月26日(日)~28日(火)に名取市の仮設住宅や仙台市の復興公営住宅など5ヵ所にて、長野教区から来られたボランティアさんによる信州そば提供イベントが行われました。

台風も近づいており、天候の心配もされていましたが、3日間30度を超える炎天下の中での活動となりました。活動者の皆様お疲れさまでした!


今回は新規会場として若林区の復興公営住宅と本願寺仙台別院内にある教化センターでの開催がありました。仙台市の復興公営住宅は入居が始まり、自治会が立ち上がっている途中のところが徐々に増えてきた様子です。教化センターでは『福島交流会』のサロンにお邪魔しました。こちらは「自主性」を取り入れたサロンを展開しており、運営は参加者自身でされております。住民さん同士、参加者さん同士で協力している姿が印象的でした。

震災から5年目を迎えており、被災者の暮らしにも大きな差ができています。一部のボランティアさんから「ここの仮設は前に来た時より雰囲気が暗くなった」というような声がありました。一方で新規の復興公営住宅では子どもが多かった影響もあったのか、全体的ににぎやかで明るい雰囲気を感じました。

それでもどこの住民さんにも「とてもおいしいかったです」「ありがとう」「ありがたいことです」などの声をかけられました。少しでも力になれていれば幸いです。