2013年

5月

29日

本願寺仙台別院 お茶会開催

 

5月29日、本願寺仙台別院にてお茶会が開催されました。 おもに仙台別院付近を中心に仙台市各区の民賃にお住まいの方々などへご案内さしあげての、初めての試みです。

午前・午後合わせて65名ほどの方々にご参加いただきました。

第1回目にあたる本日は『ふろしき包みの会』。先生の明るく元気なお人柄のおかげで会はとても明るい雰囲気に包まれました。

 

楽しかった!興味深かった!との声
楽しかった!興味深かった!との声

 

風呂敷は、包んだり結んだりすることで様々なバリエーションを持ちます。包むことで、「包むものを大切に扱う心や届ける相手への敬いの心」が育まれていきます。

ここ本願寺仙台別院でのお茶会も同様、互いに敬い合いながら大切にお集まりになる皆さんをお迎えしてまいりたいと思っています。

 

被災地の状況は変わっていきます。これから先、皆さんが復興公営住宅などでの新しい生活に移られることがあったとしても、

こうして本願寺仙台別院でのお茶会に来ることによって結ばれたつながり、ご縁を大切にし、ここに来れば見知った誰かに会える、心やすい人に会える、そういう皆さんにとっての戻れる場所、新たな『心のふるさと』として在り続けることができればいいな(*^_^*)そうした思いから、これからの近い将来に向けてお茶会を催してまいりたいと思います。

 

次回は6月。「ビーズブレスレットづくり」で皆さんをお待ちしています☆

 

 

そして、本願寺仙台別院を会場とするお茶会に全面的にご協力いただいている仙台市社協支えあいセンターの皆さま、いつも本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。

           文中、包む心については『初めてのふろしきレッスン』

           山田悦子監修(小学館)より引用。今回の企画にあたっ

                 てありがたい出会いの一冊となりました。            

心を結び、心を包む
心を結び、心を包む