2012年

6月

30日

おつかれさまでした☆ありがとうございました

今年に入り、週末にご夫婦でボランティアに参加してくださっていた仙台市在住のT夫妻。もともとは被災ペットのボランティア活動をされていましたが、そちらの活動が終了するにあたり新しい活動先を探していたところ、フェイスブックつながりでこちらのセンターの活動を知ったそうです。

そのご夫妻が、熊本に転勤することが決まったと、先日ごあいさつに来られました。

私も3月にか、一緒に活動させていただいたことがありました。

ここにいると、毎日出会いと別れがあります。見送る時はいつもさみしくなりますが、定期的に参加してくださっていた方がここをいったん離れるというのは、また違ったさみしさがありますね・・・。

今までありがとうございました。そして、おつかれさまでした!!

またいつでもお待ちしております(*^ ^*)

帰り際に奥様と一緒に撮らせていただいた写真、大切な思い出にします☆

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    尾池 (日曜日, 01 7月 2012 19:37)

    私は去年のGWから西本願寺さんの
    ボランティアセンターで活動させていただき
    今まで全国いや全世界の沢山の方々と
    活動を通じて知り合うことができました。

    出会いの場、そして活動の場を提供してくださる
    西本願寺さんに感謝いたします。

    『T夫妻』も思い出に残るお二人でした。

    背が低くて可愛らしい奥様と、背が高くて
    一見こわそうな(失礼)ご主人!!
    活動現場で体が小さくても重いものを
    平気で持とうとする奥様を無言でサポートする
    ご主人の姿が印象的でした。

    『T夫妻』お疲れ様でした。お元気で。。
    また来てけさいねーー!!

  • #2

    寺田章次 (月曜日, 02 7月 2012)

    出会いがあれば、必ず別れがありますが、やはりちょっと寂しいですね。でもきっとまたお会い出来る日がやって来ると思います。田代さん、ボランティア活動ご苦労さまでした。今度は熊本から被災地に声援をお願いします。では、お元気で!

  • #3

    田代妻 (月曜日, 02 7月 2012 20:49)

    西本願寺さんには、ほんとうにお世話になり、
    このご縁は一生忘れられないものになりました。
    きっかけは、大震災という悲しい出来事ではありましたが、
    未曾有の大災害から立ち上がろうとする東北の底力と、
    全国から支援に駆けつけてくれる
    多くの方たちの温かさに触れました。
    自然の猛威の中には弱いものの、
    ひととひととの助け合う力の大きさ、
    未来を信じることの大切さを学びました。

    復興への道なかばで東北を去ることは大変残念ですが、
    花の蕾が開く如く、一歩ずつ確実に、
    東北が上を向き始めている実感があります。
    そんな中で過ごさせて頂いたことを大変貴重に思います。

    いつも明るく、ムードメーカーとして
    ボランティアたちを支えてくださった本田さん、事務局の皆さん、
    寺田さん、そして石巻その他で活動を共にさせていただいた、
    尾池さん、川村さん
    (お二人の存在は私達にはとても大きかった)、
    多くの皆さま、ありがとうございました。
    これからも熊本から東北を応援しています。
    お体に気をつけて、どうかがんばってください。

  • #4

    姐さん (月曜日, 02 7月 2012 23:41)

    T夫妻さま!
    わたくし、鹿児島でございます! お隣県同市でよろしくお願いいたします^^

    一度もお会いしたことはなかったですが、仙台で今度ご一緒できること願っています♪

    あ!!! 南九州から格安に行けるルートは任せてください^^