2011年

9月

16日

山元町いちご農園

本日も宮城県亘理郡にある山元町のイチゴ農家のお手伝い。

 

昨日は4棟の内の3棟と半分にビニールを張り、

今日は残り1棟のビニールを張り、すべてのハウスに工作し風が通るように。

 

更にハウスの中の苗床整備。

 

 

なぜボラセンが農業復興支援?と思われる方も多いでしょう。

そうですね、行政区域ごとのボランティアセンターでこのような活動をされる

ところは少ないと思います。

 

でもね、長い目で見てください。

このいちごが収穫できれば、それが収入になって次の苗を育てる事が出来る。

このいちごが収穫できれば、市場に出回って復興の旗印になる。

 

そんな願いを込めて、私たちは作業しています。